タンパク汚れの対処法

カラコンをしていて目が霞んだ様に視界が白くなったり、異物感があったゴロゴロして痛かったり、そんな経験はありませんか?実はその原因は汚れです。タンパク汚れなのです。コンタクトをしていると乾燥が悪いなんてことは皆さんご存知ですよね。

しかし涙で潤っているから大丈夫という訳ではありません。実は、涙こそがレンズに対するタンパク汚れの原因なのです。コンタクトレンズ自体が涙に含まれる様々な成分を吸収してしまいます。そしてその成分の一つがタンパク汚れとなります。タンパク汚れを放置し使用を続けると角膜を傷つける原因にもなるため、きちんと除去する必要があります。市販のタンパク除去剤を使用して漬け置きするだけですので、そこまで手間はかかりません。使用期限の長いレンズの場合は1週間から2週間に一度位の頻度でお手入れをするように心がけるのが良いとされています。それでもお手入れの時間がないという方のために、タンパク除去成分の配合された洗浄液が販売されています。

日々の洗浄液を変えてみたりして色々試してみることもケアの一つに繋がっていくと思います。なによりも自身の瞳のためですから、しっかりとケアをしてタンパクを除去し清潔なレンズで瞳のオシャレをしたいですね。